フン虫、カトカラ、クワガタを愛する素人虫屋のブログです。


by Izanagi_the_4th

カテゴリ:クワガタ( 25 )

ツノボソ幼虫飼育の結末

昨年2月にHさんに譲っていただいたタイワンツノボソオオクワガタの幼虫7頭。


うち1頭は若齢幼虫のうちにお亡くなりになり、2頭は終齢の時に★になってしまいました。


1月にオスとメスが各1頭ずつ羽化したことは書きましたが、残りの2頭のうち1頭は、3月に羽化(メス)、最後の1頭も3月に蛹化し、先週無事に羽化(オス)を果たしました。

e0115819_2291240.jpg


↑見えにくいですが、蛹室の中に羽化したオスがいます。


ちなみにこの最後に羽化したオスは、幼虫の時からずば抜けて体が大きく、羽化サイズも間違いなく1月に羽化したオスより大きい個体です。蛹室から出てきた姿を見るのが待ち遠しいです(^^)


しかし、ここまで1年以上掛けて、冷やし虫家で夏も冬も21~23℃で温度管理をし、マットも3ヶ月ごとを目安に交換してきたわけですが、7頭中3頭が★になってしまったことは残念ではありました。落ちやすいと言われるタイワンツノボソの幼虫なので仕方ないのかもしれませんが、無事全部羽化させてやりたかったです…。


しかしながら、羽化した4頭がきれいにオス2頭、メス2頭ということで、ペアリングはやりやすくなりました。まずは1月に羽化したペアで、秋くらいにセットを組むことします。


初のツノボソのブリード。楽しみです(^^)<
[PR]
by Izanagi_the_4th | 2014-04-30 22:08 | クワガタ

ツノボソ割り出し

タイワンツノボソが2頭羽化していると以前書きましたが、予定では自力で蛹室を脱出してくるまでそのまま容器の中に入れておくつもりでした。


しかし、うち1頭のブロー容器の中でクチキバエが大量発生! 中には勿論マットが積めてあるのですが、その隙間に無数の成虫が蠢き、容器の側面には360度幼虫がびっしり…という、見た目にもかなりグロテスクな状態になってしまいました。こいつら、毎回一体どこから侵入しやがるんだ?


もはやこうなっては致し方ないので、中のツノボソを掘り出す(助け出す?)ことにしました。ついでなので、もう1頭の方も割り出すことにしました。


しかし、こういう事情だとは言え、やはり新成虫の割り出しは毎度心が踊りますね(^.^)


まずはコバエに侵された容器から掘り出していくと…

e0115819_13344785.jpg


出た~! か…かわいい(笑)!

e0115819_13341769.jpg


ツノ、細っ! まさに見た目のまんまの名前ですね…(^-^; サイズは計測してませんが、33、4㎜ほどでしょうか?


もう1頭も…と思って掘り出すと、あらっ、こちらはメスでした。幼虫の段階でオスだと思っていたので少し拍子抜けですが、でもとりあえずペアが揃ったので良しとしましょう。メスはこれと言って特に特徴はありませんね(笑)。


手のひらに乗せてみるとこんな感じ。かわいい(^^) 名前に「オオクワガタ」と付くとは言え、まさにそのミニチュア版といった感じです。小型種好きの自分にはたまりません(笑)。

e0115819_13483287.jpg


この成虫は、とりあえずこのまま冬眠させて、暖かくなって活動をし始めたらペアリングを考えたいと思います(一応去年羽化だから多分大丈夫だと思う…)。


残りの幼虫達の羽化も待ち遠しいです(^^)
[PR]
by Izanagi_the_4th | 2014-01-07 13:58 | クワガタ

タイワンツノボソ

タイワンツノボソの幼虫が蛹化したことは以前書きましたが、そのうち1頭は無事羽化(まだ蛹室内)、もう1頭はまだ蛹のままです。


ちなみにこの2頭は共にオス。ブリードはあまり本格的にやるつもりはないので、仮にこのまま全てオスでもOKです(^.^)


残りの幼虫4頭のうち1頭はもうすぐ前蛹になりそう。別の1頭もそろそろ成長は終了しそうな体色になってきました。


残る2頭はまだまだ成長しそうな勢いでマットを食べているので、今日マットを新しい物に交換しました。前回の交換からちょうど3ヶ月くらいでしたしね。


その際、幼虫を外に出してびっくり。2頭のうち1頭がバカでかくなってる…!


容器のラベルを見ると、この幼虫は最初のマット交換の時から他の幼虫よりずば抜けて大きかった個体でありました。


幼虫用の体重計は電池が切れていたので体重は測りませんでしたが、こいつはこのまま順調に育ってくれたらちょっと楽しみです。


って、このままいったらみんな見事に羽化時期がバラバラになりそうだな~。
[PR]
by Izanagi_the_4th | 2013-12-09 21:32 | クワガタ

蛹化

今年2月に我が家にきたタイワンツノボソオオクワの幼虫。


寒冷地のクワガタだけあって夏場は温度管理が必要となったため、意を決して購入したクワカブ用冷温室「冷やし虫家(ちゅうか)」。


今やすっかりリビングの一部と化しております(笑)。

e0115819_21301571.jpg


常時21℃~22℃で管理されて大事に育てられた幼虫達は、ようやく無事に蛹化を迎えています。

e0115819_2130216.jpg


一番早い個体は、今月中には羽化するかな…?
[PR]
by Izanagi_the_4th | 2013-11-15 21:30 | クワガタ

飼育用品購入へ

前回交換しなかったツノボソ幼虫3頭のマット交換をしようと思い、土間収納に入れておいた使いかけのマットを取り出してみると……うっ、コバエ、線虫、ダニが湧いている(;´д`)


きちんと封をしておいたはずなのに、こいつらどうやって湧くんだ? 長年クワガタ飼育をやっていても解らない疑問です(多分永遠に解らないでしょう)。


ともかく、これではマットが使い物にならないので、自宅から車で5分のところにある昆虫ショップ「ホビー倶楽部」へ。


目的の無添加発酵マットと成虫用のゼリーなどの用品を購入。気さくな店主と店内でそのまま1時間ほど雑談(^-^)


しかし、平日の真っ昼間なのに、問い合わせの電話が度々入ったり、他のお客さんが来たりして、なかなか忙しそうな店主さんでした。

e0115819_14552927.jpg


今日は夜勤なので、もうそろそろ寝ておかないといけないので、マット交換は明日にします。
[PR]
by Izanagi_the_4th | 2013-09-04 14:43 | クワガタ

ワラストン

盆休みの昆虫展で、息子の友達が手に入れたワラストンツヤが死んでしまったとのことで、何故か死骸がウチに持ち込まれたので(笑)、標本にして返しました。

e0115819_197975.jpg


普通の親としては、死んだら土に埋めて終わり、にしたいところだとは思いますが、名前も覚えて大事に飼育していた息子の友達のことを思うと、標本にして残しておくのもありかなと。事実、これを渡したら、凄く喜んでくれたし…。


あとは、このまま標本にして残すか、土に還すかは向こうの親次第ということで…(^-^;
[PR]
by Izanagi_the_4th | 2013-08-29 19:05 | クワガタ

昆虫展

毎年お盆休み恒例の、地元デパートで開かれる昆虫展(というかクワガタ&カブト展)。


ホビー倶楽部さんがこのデパートから委託されてやっています。


ここの目玉は、クワガタやカブトがたくさん放された檻の中に入って虫と触れ合えるコーナーなのですが、開催日の最終日に、その中の虫を1人1頭限りで格安で販売するのです。


開催期間中、たくさんの人たちに触られたり遊ばれたりして、弱っていたりB品になっていたりする個体が多いのですが、やはり格安ということもあり、毎年最終日には開店前から行列が出来るのほどの盛況ぶりです(去年も書きましたね)。


去年ここで買ってきた国産オオクワとタイワンオオクワがまだ健在なので、今年は行く予定はなかったのですが、ちょっとした理由から前日になって急きょ行くことに。


息子とその友達を連れて出発し、開店前から並びましたが、既に並んでいる人がたくさんいて、催事場に着いた時には前から30番目くらいでした。


我々が檻の中に入った時には既にオオクワガタはなくなっていました(笑)。やはり人気だな~、オオクワ。去年も同じくらいの順番でオオクワ&タイワンオオクワが残っていたことを考えると、今年はオオクワは少なめになっていたのかもしれません。


ま、しかし、息子たちはオオクワガタではなく外国のクワガタが欲しいと言っていたので、人口密度の高い檻のなかで、残っているツヤクワガタの仲間を物色。ツヤクワは全く判らないのですが、見ている限り、3種ほどいる様子。


のんびり見ていると、次から次へと入ってくる他のお客に取られてしまうため、目ぼしい個体を手に取りながら、子どもたちをせかしながらの物色です。


試行錯誤の末、息子はダールマンツヤ、息子の友達はワラストンツヤ(?)に決めました。個人的にはアルキデスヒラタにちょっと惹かれたのですが、ここは子供の意思を尊重して…(笑)。


共に小歯型ですが、元気の良い完品でありました。

e0115819_1614526.jpg


2人とも初めて手にする種のクワガタに大興奮。帰宅後、ケースに入れ換えたりしてる間も大騒ぎでした。

e0115819_16171472.jpg


成虫の寿命はあまり長くないみたいですが、大事に飼って、少しでも長生きさせてやるんだよ~。

e0115819_16183359.jpg

[PR]
by Izanagi_the_4th | 2013-08-13 12:50 | クワガタ

1月採集の幼虫羽化

今年1月に地元で仲間と採ってきたクワガタの幼虫が無事羽化したと、飼育していたエルから連絡が。

e0115819_9273790.jpg


コクワでした~(^-^;


自分の見立てではスジクワだったのですが(^-^;


せっかく材採から羽化までさせたのだから、同地でメスを採ってきてブリードでもすればいいじゃん…とエルに提案したのですが、後日、元の場所にリリースするそうです(^-^;
[PR]
by Izanagi_the_4th | 2013-08-01 09:24 | クワガタ

冷やし虫家

小遣いが貯まったので、ようやく買いました。

e0115819_22384126.jpg


「一人での組み立てが大変」とよく耳にしていましたが、ほんとに大変でした。


ちょうど義兄が遊びに来ていたので、手伝ってもらい、1時間ほどかかりようやく完成。


「すぐ壊れる(ものが多い)」と言われる冷やし虫家。一応一年は保証がありますが、果たして…?


とりあえずツノボソオオクワの幼虫と、先日採集したミヤマの成虫を入れておきましたが、容量100リットルということもあり、まだ中はスカスカです。

e0115819_22383980.jpg


今までツノボソの幼虫はクーラーボックスに入れ、毎朝と毎晩、凍らせたペットボトルを入れ換えていましたが、とりあえずこれで、当面はそのわずらわしさからは解放されそうです。
[PR]
by Izanagi_the_4th | 2013-07-08 22:36 | クワガタ

マット

今日は仕事が定時で終わったので、その足で地元の昆虫ショップホビー倶楽部さんへ。


目的は、今年3月にツノボソオオクワの幼虫を入れたマットの劣化が目立つようになってきたので、その予備を買うためです。


店主としばし談笑した後、前回と同じ無添加の発酵マットと成虫のエサのゼリーを買いました。


今のところツノボソの幼虫達は順調に成長しているので、この幼虫達はこのままホビー倶楽部さんのマットで成虫までもっていくつもりです。


本やいろいろな方の飼育ブログなどを見ると、タイワンツノボソの飼育には劣化した菌糸ビンを使ったり、赤枯れマットを混ぜたマットを使ったり…と皆さん手の込んだことをされていますが、自分はこのホビー倶楽部さんの市販のマットをそのまま使っています。


羽化した時に、ある程度のサイズにまでもっていけてるといいんですが。


帰宅後、容器を覗いてみると、7頭のうち1頭がちょうど3齢になったばかりでした。

e0115819_2045440.jpg


他の幼虫はまだ全て2齢です。


最近のこの暑さで、この幼虫達が置いてある我が家の玄関は、日中は25、6℃になるため、最近は昼間は水を入れて凍らせたペットボトルと一緒にクーラーボックスに入れて、20℃前後で管理しています。


これでこれからの夏を乗り切るつもりですが、臨時収入などがあれば、冷やし虫家の導入も、半ば本気で考えています(^-^;
[PR]
by Izanagi_the_4th | 2013-05-24 20:31 | クワガタ