フン虫、カトカラ、クワガタを愛する素人虫屋のブログです。


by Izanagi_the_4th

<   2007年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ボウズ

 連休ももう終わりですが、昨日時間が空いたので、いつもの山へ採集に行ってきました。

 しかし結果はボウズ。フン虫は時期的には中休みですが、運が良ければオオセンチの新成虫が見られるかな~と期待していたものの、シカの落し物自体が少なく、新規ポイントも開拓してみたもののボウズでした。マルツヤくらいいるだろう…と思っていたものの、それすら1頭も見つけることが出来ず…という惨敗でした。

 いつもは夜勤明けの昼間に行っていたので時間を気にしながらの採集でしたが、昨日は丸1日時間があったのでじっくり腰を据えて調べるつもりでした。しかし木々の中で落し物を突付いていると小さなハエが沢山たかってきてブンブンまとわりつき、鬱陶しくてやる気をそがれてしまいました。こいつら、道路に出てもブンブンまとわりついていて、車に乗り込んでも10頭くらい一緒に入ってくるしつこさでもう辟易。結局3時間ほどで帰途に着きました。次は対策を考えないとなー。

 この山は、8月終わりか9月頭くらいにまた挑戦するつもりです。ピカピカのオオセンチに早く会いたいです。
[PR]
by Izanagi_the_4th | 2007-08-18 14:24 | 採集

盆休み

 盆休みに突入しました。

 初日の昨日、久しぶりに奥三河の方に外灯巡りに行ってきましたが、見られたフン虫はカドマルのみで、牧場周辺でもいたのはフチケマグソあたりだけで大した成果はありませんでした。

 この連休中は色々用事があるのですが、空いた時間に標本の整理(やっと箱が手に入った)をしつつ、1度くらいは山に採集に行こうと思っています。そして早く地元産のピッカピカのオオセンチを見てみたいと思っています。

 あと、休止になったままのサイトの方ですが、最初は少しコンテンツを整理するつもりだけだったのが、手を加え出したら収拾つかなくなってきてしまい、思い切って大きくイメージチェンジすることにしました。そのため再開までもう少し時間がかかると思われますが、何とか早いうちに再開したいと思いますのでもうしばらくお待ち下さいませ。
[PR]
by Izanagi_the_4th | 2007-08-12 23:39 | コガネムシ

箱がない…

 採集品、頂いた物……と、我が家の標本は着実に増えて行く一方ですが、それらを入れる箱が足りなくなってしまいました。

 現在、標本は自己採集品と購入/移譲品とに分けて整理しているのですが、その両方とも満室となり、現在タトウに入ったままのものや裏展脚されたままの標本が無数にあります。とりあえず一つ大きめの標本箱を購入して自己採集品は全てそちらに移して、空いた箱に購入/移譲品を入れよう…と思っているのですが、標本箱を1個単位で売っているショップは少なく、いつも頼んでいるところでも自分が欲しいサイズの箱は品切れ中とか。

 入荷はまだ未定とのことですが、無造作にタトウの中や耐震マットの上に並んでいる死骸達を見ていると、早くラベルを付けて標本にして箱に入れてあげたい…と思えてきてしまいます。
e0115819_11251394.jpg

[PR]
by Izanagi_the_4th | 2007-08-02 11:26 | コガネムシ
 息子(2歳)が最近昆虫に興味を示し始めたので、飼育用にカブトムシとノコギリクワガタを地元のU山で採集してきたのですが、カブトは毎日喜んで観察しているものの、どうもクワガタの方は恐いらしく関心がないみたいだったので、今日夜勤が終わった後、U山に立ち寄りリリースしてきました。

 クワガタを逃がし、車に戻る途中、ふと足元のアスファルトを見ると、何かが車に轢かれてペシャンコになっています。「何だろー?」と思いしゃがみ込んで見てみると、全長15~20㎝くらいの何かの動物の尻尾のようです。何故に尻尾だけ!?

 車にはねられたりしてバラバラになってしまったものなのかもしれませんが、その上車に轢かれてペシャンコになり、カリカリに干からびています。さらによく見ると、潰れたその物体の中に黒い物が混じっています。おお、潰れたエンマコガネだ。コブマルっぽいな。きっと摂食中に尻尾ともども車に轢かれてしまったんでしょう。こんな道路の真ん中じゃ無理もないよなぁ。

 その辺に落ちていた木の枝でアスファルトにこびりついたその物体を剥がしてみると、その下にもう1頭エンマコガネの轢死骸が。他にもキレイな色彩のシデムシなども潰れていました。

 この山へは子供の頃からカブト・クワガタを採りに来ているわけですが、フン虫に関しては以前センチコガネの残骸を一度見つけたことがあるだけで、エンマもマグソも一度も見たことがありませんでした(標高100mくらいの小さな山なので調べようという気にもならなかった)。そういう意味では、こんな轢死骸でもこの山で初めてのエンマコガネとの対面であったわけで、標本にしようと思い持ち帰ることにしました。

 虫除けも何もしていなかってので、これを採集している合間にも蚊に手足をボコボコに刺されてしまいました。痒いのを我慢して辺りを少し歩くと、今度はペシャンコになって干からびたトカゲが道路脇の土の上に落ちていました。地面は適度に湿っていたのでここも調べてみると、いたいた、今度は生きたコブマルエンマ×2頭。これもちゃっかり採集しておきました。

 う~ん。20~30年前の記録ではこの山の麓でもミツノエンマコガネが採れていますし、一度この山も本格的にフン虫調査をしなければいけないな~と、改めて思った次第です。
e0115819_11145561.jpg

[PR]
by Izanagi_the_4th | 2007-08-02 11:18 | コガネムシ