フン虫、カトカラ、クワガタを愛する素人虫屋のブログです。


by Izanagi_the_4th

<   2007年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

愛知県の昆虫

 その存在を知ってから、欲しくて欲しくてネットなどの古書のお店などでずっと探し続けていた本を、先日手に入れることが出来ました。
e0115819_23201564.jpg

 この「愛知県の昆虫(上・下)」は、1991年に刊行された本で、文字通り愛知県の昆虫の記録を網羅した本です。発行も「愛知県」となっており、一般販売された物ではなかったためか入手は困難で、東京の古書店では上下併せて3万円くらいの値が付いて取り引きされていたようです。

 地元コガネムシの調査を続ける以上、やはりこの本はどうしても手に入れておきたかったのですが、手に入れることの出来ないまま数年が経ちました。そんな折、三河昆虫研究会のHさんに別件で私信した際にその話をしたところ、会の通信に「「愛知県の昆虫」(上・下)を分譲して頂ける方を探しています」と載せて下さり、それを見た会の方から、今回適価で譲っていただくことが出来たのでした。Hさんや譲っていただいたTさんには感謝感謝です。

 この本、クワガタやフン虫しかやっていない今の自分には重厚過ぎる本ですが、この虫の趣味を続ける限りはこの先何十年も使っていくことになると思うので、大切にしていきたいと思います。
e0115819_23324420.jpg

[PR]
by Izanagi_the_4th | 2007-10-13 23:35 | 書籍

コブマルエンマ

 先日ミツノエンマを採って以降、同所をはじめとして周辺何箇所かでトラップを仕掛けてきたものの、追加はゼロ。もともと生息数がそんなに多くないのか、はたまた先週から急に冷え込み出したのも影響しているのかもしれません。

 相変わらず採集には出られない日々を過ごしていますので、家で空いた時間にやることと言えば、専ら採集品の整理や過去の標本の手直しなど。そんな中、ミツノエンマと一緒に採集したコブマルエンマも標本にしました。

 コブマルと言えば、言わずと知れた何処にでもいる普通種ですが、コガネ図鑑によれば体長は5.0~10.1mmで、大型の♂ともなると頭部の2本のツノが明瞭になり、よく見てみるとそれなりにカッコいい姿をしています。自己採集のコブマルの中では今まで8mm程度がMaxだったのですが、このミツノトラップの際に念願の10mmクラスが採れ、標本にして見てみると改めて小型個体とは別格の雰囲気だなーと実感。ミツノも嬉しかったものの、このコブマルの10mm個体も同じくらい嬉しい成果でした。
e0115819_11235325.jpg

[PR]
by Izanagi_the_4th | 2007-10-12 12:25 | コガネムシ