フン虫、カトカラ、クワガタを愛する素人虫屋のブログです。


by Izanagi_the_4th

<   2008年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

連隊旗マグソコガネ

 さて、前回は全く姿を見ることが出来なかったクロオビマグソコガネを採りに、再び同じ山に行って来ました。

 前日まで降り続いた雨の影響で足場は悪いですが、いつものポイントの木々の生い茂る斜面を登っていくと、何やら足元でカサカサ。見るとピカピカのオオセンチでした。

e0115819_1111573.jpg


 オオセンチは昨年もここで沢山見ていますが、何故か採集はしていなかったのでとりあえず採集。その後も至る所で林床を歩行する個体を見つけることが出来ました。まさに雨後のタケノコ状態。

 とりあえずオオセンチはスレの少ないものを数頭採集。肝心の目的のクロオビマグソは……と思いつつ探していると、いたっ、あっさり出てきました。

e0115819_0544611.jpg


 クロオビは普通種とされていますが、初採集だったので素直に嬉しいです。早春に出てくる種ですが、ちょうど時期が良かったのか、次から次へと出てきます。個体変異が結構あるらしいですが、この日出てきたのは全てノーマルタイプでした。とりあえず10頭ほど採集。

e0115819_124049.jpg


 クロオビと言えば、かつては昔の日本軍の旗の模様に似た黒い紋があることからレンタイキマグソコガネなんていう重厚な名前で呼ばれていたそうです。こっちの方が個性的で良いのになぁ。クロモン、オビモン、クロオビ……ビギナーの自分は似たような名前ばかりで結構混乱してます(笑)。

 クロオビを採りたかった理由は、勿論未採集だったというのもありますが、塚本先生が学生時代に京都の芹生峠でこの種を採集した際のエピソードが強烈な印象となって残っていたので、是非その姿を見たいと思っていたからでした(『山の昆虫記』参照)。

 目的の種を採って少し落ち着いたので、あとはその他の種を探します。チャグロ(ミゾムネ)はまだいるものの前回に比べたらかなり数は減っていました。山頂周辺ではトゲクロツヤ(らしき種。同定してみないと分からない)が多数採れ、クロマルエンマも少々見られました。

 次に来る時はマルツヤやゴホンダイコクが見られるかな。
[PR]
by Izanagi_the_4th | 2008-04-12 01:11 | 採集