フン虫、カトカラ、クワガタを愛する素人虫屋のブログです。


by Izanagi_the_4th

<   2008年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

11月の活動

 続いて11月に入ってからはいつもの某山へPTを仕掛けに行ってきました。

 狙いは勿論マメダルマ。今年は9月に1頭だけ採りましたが、1頭では寂しいので何とか追加を採りたかったのです。

 11月1日に仕掛けて9日に回収に行ったのですが、結論から言うとマメダルマはゼロ。代わりにおびただしい数のチャグロ(かミゾムネ)が落ちていました。他にも定番のオオセンチとゴホンダイコクも入っていましたがこちらは1頭ずつで、季節の移り変わりを感じさせる結果でした。

 9日は朝から回収に行ったのですが、昼間暑いくらいだった前日とは打って変わって肌寒く、軍手をした手は冷えて感覚がなくなり、水面に浮かぶマグソ達をなかなか掬えませんでした。

 そんな気温10度くらいの中でもオオセンチはまだ数多く見られ、比較的綺麗な個体を数頭採集。しかしオークションなどに出ているようなピカピカの個体には、ついに出会えないままだったなぁ……。

 昨年春から続けてきたこの山での採集調査は、とりあえずここで一区切りにしたいと思います。これまでの採集結果は地元研究会の会誌に出すつもりなので、今それをまとめているところです(今月末締め切りなのに間に合うかな~?)。

 あと、今年頭にクロモン狙いの調査をした河川敷で、先週からまた調査の方を開始しましたが、この時はタダマグソとコブマルしか姿を見ることは出来ませんでした。他にも地元産mozaも狙いたい…。ああ、時間が足りない……。
[PR]
by Izanagi_the_4th | 2008-11-18 23:11 | 採集

ミツノエンマ採集その後

 またもやしばらく更新が滞ってしまいましたが、ぼちぼちと活動はしていました。

 まずミツノ。前回の記事の後、10月半ばくらいにまたいつもの河川敷にトラップを仕掛けましたが、こちらも空振りでした。日中かなり暖かい日が続いていたので今回こそはと期待したのですが…。

 あ、でもこの時はコブマルが数頭入っていました。いずれも小さな個体ばかりで昨年入ったような明確なツノのある大型個体はいませんでしたが、一番小さな個体は自分の持っている最小記録を更新したので嬉しかったです(笑)。 しかし、クワガタにしろカブトにしろゴホンダイコクにしろこのコブマルにしろ、何で小さいサイズの個体は体が赤くなるんですかね? 今更ながら素朴な疑問です。

 話を戻してミツノですが、昨年・今年とトラップを仕掛けてきた感じでは、素材がかなり傷んでから集まってくるような印象でした。去年も今年も、素材が

 ①まだあたり傷んでいない状態→ゴミムシ
 ②多少傷んできた状態→コブマル
 ③かなり傷んで見るに耐えない悲惨な状態→ミツノ

 という状態(順序)で集まっていたような気がします。

 ①の状態で回収に行くと、落ちたゴミムシはまだ元気に生きており、②の状態で回収に行くと、ゴミムシなどは既に死んでいて(ガス?溺死?)、コブマルが来ています。そして③の状態で回収に行くと、ゴミムシもコブマルも死んでおり、ミツノが来ていました。

 そう考えると、前回は①の状態だったのでゴミムシだらけでコブマルは入っておらず、今回は②の状態だったのでゴミムシ達は死んでコブマルは生きておりました。なら、もうしばらくトラップを放置しておけばミツノは来たのかもしれません。あくまで、2シーズンだけの結果からの推測ですが。

 夏場であれば1晩で一気に③の状態まで行きますが、今回は3日経っても②の状態でした。もう少し回収を待てば良かったな~。
[PR]
by Izanagi_the_4th | 2008-11-17 23:53 | 採集