フン虫、カトカラ、クワガタを愛する素人虫屋のブログです。


by Izanagi_the_4th

<   2009年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

お久しぶりです。

 早いものでもう立秋を過ぎました。フン虫はこれからまた忙しくなる種もありますが、朝晩涼しい日もあり、虫全般的には活動が終息に向かっていく頃ですね。

 前回の更新からかなり時間が経っているので、今日まで行った虫屋らしいことを書いていきます。

 まず、ブログにも書いていた地元研究会の会誌に出そうとしていた某山での調査記録のまとめは、期限内にまとめることが出来ませんでした(汗)。理由はいまいち同定に自信の持てない個体がいくつかあったためです。別段難しい種があったからとかではなく、例えばチャグロマグソとミゾムネマグソとか、エンマコガネの♀とかいう、初歩の初歩でのつまずきなんですが…。

 今までのようにただ自分の標本箱に並べるだけだったら割と気楽に「はい、これはチャグロ、こいつはミゾムネ」と判別出来ていたのに、やはり記録として残るとなると神経質になってしまうというか、「チャグロであろう」と思っていても、顕微鏡やルーペを覗いているうちに前胸に縦のミゾが見えてきてしまうような錯覚に陥ってしまって…。経験不足と言えばそれまでですが、もう少し倍率の高い顕微鏡買わなきゃダメかなぁ~(現在のは20倍)。

 結局三河昆虫研究会の会誌には地元での普通種の記録を出しただけでしたが、こちらは期限内にちゃんと校正を出したのにそれが直っておらず、誤字脱字がそのまま掲載されてしまい残念…。この三河昆虫研究会の会誌、手持ちがかなりあるので、ご希望の方には送料を負担して頂ければお送りするのでメール下さい(他の会に入られている方でその会の会誌との交換であれば送料はこちらが負担します)。

 で、3月に岡崎市で開かれたその三河昆虫研究会の総会に参加してきました。

 会には数年前から入会していたものの、総会に参加するのは今年が初めてでした。福会長のTさんとは何度もお会いしたり電話や手紙でやり取りをしていましたが、そのTさんからの「初めての参加だから一緒に行った方がいいでしょう」というご配慮で、当日はTさんの車に便乗させてもらいました。そして会長のHさんを自宅まで迎えに行き、そこでHさんと初対面。コメツキムシの研究者として著名な先生は長身痩躯で凛々しく、喜寿を過ぎられても非常に若々しい、想像していた通りの方でした。

 総会では知り合いもいないため終始だんまりでしたが大変勉強になりました。また来年も仕事の都合が合えば参加したいと思います。

 その直後の4月頭に子どもが生まれたため、以後は虫絡みで出掛けることはほとんどなく、ゴールデンウィーク中に子どもを連れて海岸に遊びに行った時に砂浜で少し虫を摘んだ程度。ヤマトケシマグソと小さなエンマムシを数頭ずつ採集しました。エンマムシは赤い紋のあるきれいな種も採りました。

 あとは6月に虫仲間のロウ(クワガタ屋)から「地元の山にクワガタ採りに行かない?」との誘いがあり、細君の許可も出たので、19日の夜に採集仲間の鞭山と3人で久々にフィールドに出てきました。短い時間でしたが楽しい採集でした。

e0115819_0554336.jpg


 あとは7、8月に地元で仕事帰りにPTを仕掛けたり、近くの河川敷に魚肉トラップを仕掛けたりしたのですが、めぼしい成果はなし。魚肉はミツノエンマコガネ狙いでしたが、コブマル多数と未同定のマグソが2頭入っていました。ミツノはまた9月半ばくらいに狙う予定です。マグソも同定しなくては…。

 この魚肉もPTもそうなんですが、自分の実家のある町が来年早々に他市に吸収合併されることになったため、合併される前のA町のうちにA町のフン虫を調査しようという考えで行っているものです。時間も限られているのでも、かなり厳しいのですが…。

 他にも話題はありますが、また後日…。
[PR]
by Izanagi_the_4th | 2009-08-31 00:55 | 虫屋