フン虫、カトカラ、クワガタを愛する素人虫屋のブログです。


by Izanagi_the_4th

<   2010年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

またまたヤマトエンマ

 ああ、ヤマトエンマ…。

 10月の2度の採集ですっかりヤマトエンマに惚れてしまいました。

 1度目の採集行では数は少なかったもののヤマトエンマとの初対面の感動を味わい、2度目では運良く数多くの個体を採る喜びを味わいました。2回ともとても印象に残る採集行で、改めて初回に案内していただいたおおこぶさん・チャッピーさんに感謝したい気持ちです。

 ヤマトエンマの楽しいのはその斑紋変異。黒い模様が個体ごとに実に様々な形をしており、眺めていて飽きません。

 今回の採集品の中で一番黒い紋が少なかったのがこの真ん中の個体。これはこれで好きかも。

e0115819_2345512.jpg


 光っていて見づらいですが、一番黒比率が高かったのがこの子。やっぱり黒いヤマトエンマもかっこいいな…。

e0115819_2348681.jpg


 ちなみに、最初の採集で処理を誤り黒くしてしまったというのがこの個体…。何エンマか分かりませんね…。もう少しアセトンに浸けてみます…。

e0115819_23493979.jpg


 また、ヤマトの魅力は♂の前胸背板の左右の突起。大型の個体になるとこれがなかなか立派でかっこいいです。

e0115819_23422199.jpg


 採集にご一緒した際にチャッピーさんが「ヤマトエンマも、色がなかったらカドマルですから」とおっしゃっていましたが、まさに形だけ見たらカドマルにそっくりですね。

 ああしかし、ヤマトエンマ。早くまた来年会いに行きたいです。

 滋賀県が恋しい…(笑)。
[PR]
by Izanagi_the_4th | 2010-10-28 23:50 | コガネムシ

ヤマトエンマその後…

 先週採集してきたヤマトエンマ達ですが、一応処理が終わりまして、ただ今アセトンから出して乾かしている最中です。

 亜硫酸ガス、アセトンと、今回は実質初めて使う物があったので、一度に処理して全部ダメにしてしまう危険を回避するために採集してきた個体を小分けにして処理していったのですが、酢エチで〆た個体が数頭復活してしまったり(処理の時間が短かった?)、亜硫酸処理後に復活する個体があったり(ガスの精度が悪かった?)と、いろいろなことがあって何だか方法も時間もバラバラといった感じの慌しい処理でした。

 乾燥中の風景をデジカメで撮ろうと思ったのですが、バッテリー切れだったので今回は画像はありませんが、亜硫酸が効いて上翅が図鑑のようなきれいな黄色になった個体、そこまではいかなくても採集時くらいの色は残った個体(これがほとんど)、全体的に黒い個体……と仕上がりはまさにバラバラ。とりあえず乾かした後にもう一度色を見て、マウントして箱に入れる物とまたアセトンに浸す物とに分けようと思います。

 ああしかし、ヤマトエンマ。面白いですね。斑紋の個体差がこれほどあるとは…。オオセンチの色彩変異もコレクションしたくなるくらい楽しいですが、ヤマトエンマのこれはそれ以上かも。いつまでも飽きない、大好きな虫になりそうです…(笑)。
[PR]
by Izanagi_the_4th | 2010-10-24 22:12 | コガネムシ

リベンジ・ヤマトエンマ

 …昨日の記事で「今年はもうヤマトエンマを採集に行けない」みたいなことを書きましたが…。

 今日、行ってきました、滋賀まで…(笑)。

 いや、ほんとに今年はもう行けない予定だったんです。ウチには手のかかる年頃のチビが3人いるので、その世話を嫁1人に任せて自分だけ遊びに行くというのも当然なかなか難しいわけで、しかも今月はもう既に1回滋賀に採集に行ってしまいましたからね…。通常だったらとても月に2度の遠征は無理な話だったんです。

 あと、自分は野球観戦も好きなんですが、今年は野球観戦にも結構たくさん行ってしまい、それが嫁的はだいぶ不満だったらしく……まあ自業自得というやつです。そんなわけで、もう滋賀に行くのは無理だろう…と思っていたんです。

 しかし、やはりどうしてもちゃんと色を残して処理した標本が作りたい! リベンジしたい! という思いばかりが日々募り、自分が失敗した事情を話し、「滋賀行きたい」「滋賀行かして欲しい」みたいなことを哀願し続けていたんです。そしたらついに嫁様が折れてくれ、「明日どこかそっち方面へ家族で遊びに行って、その行きとか帰りに寄るくらいならいいよ」みたいな話になったんですね。それが昨日(土曜日)の夕方の話です。

 「ええーっ、本当にいいの?」と喜ぶと同時に、「どうしよう、トラップ素材の調達が間に合わない…」と焦り…。牛舎はもう無理なので、嫁の実家に行き、ちょうど2頭のワンちゃん達が落としてくれた落し物を受け取って、今回のトラップ素材に使うことにしたのでした。量は少ないけど、前回おおこぶさん・チャッピーさんたちに案内してもらった見つけ採りポイントで何頭か採れるだろう……という淡い期待を胸に抱いての出発でした。

 幸い、以前名古屋のもえびさんに「家族サービスしながらヤマトエンマ採りに行くならここがおすすめですよ」と薦めてもらっていた場所があったので、家族サービスで行く場所はそこ(伊賀の里モクモク手づくりファーム)に決めました。予定としては、まずは滋賀に行き、トラップの設置と少しの時間をもらって、見つけ採りポイントの田んぼのあぜ道を見て回り、その後手づくりファームに行って家族サービスをし、帰りにまたトラップの回収のため滋賀に寄る…というプランでした。

 現在サイトの方を復旧中なので、採集の詳しい模様はそちらに書くことに致しますが、まず最初のトラップ設置の際に側溝に落ちて死んでいるミドリセンチを発見。自身2頭目の採集です。これは幸先が良いです。

e0115819_0262810.jpg


 そしてトラップを3箇所に設置し、見つけ採りポイントへ。1つ目の犬の落し物をひっくり返す…いない。2つ目…いたっ!

e0115819_0285288.jpg


 逸る気持ちを抑えながら、そっとピンセットでつまんで採集。ここではブツの中に3頭、直下の土中に3頭が潜んでいました。最初の発見で前回の総採集数の4頭を越えてしまいテンションが上がります。もうなんて言うんですかね…興奮しているんで呼吸が荒く、ハアハアいいながら…その、犬のをつついて、つまみだして…。傍から見たら…もう、何してんだか…って感じですよね…(笑)。

e0115819_034949.jpg


 時間の制限もあったのであまり広範囲を散策出来なかったのですが、ここだけで30頭近くの個体を見つけ採りすることが出来ました。時刻は朝10時過ぎ。気温は18℃。天候曇り。

 大満足の成果に一旦滋賀を後にして三重の伊賀に移動し、家族サービス。自分の機嫌が良かったことは言うまでもありません(笑)。

 その後、午後2時頃にトラップの回収のためまた滋賀へ。仕掛けた3箇所のトラップからはヤマトエンマが1、2頭ずつ採れました。もう1日くらい置いておけばもっと集まってきそうな気がしました。他にはフトカド(クロマルかも?)も来ていたので採集。あっ、最初の見つけ採りのポイントではヤマトエンマにまじってカドマルも1頭だけ採れています。

 このトラップでは初めてテネラルを採集しました。これも嬉しいです。

e0115819_0311463.jpg


 そしてまた見つけ採りポイントに戻り、ここに仕掛けた即席トラップから5頭、見つけ採りで更に5頭追加し、十分過ぎる成果に疲れも吹き飛び、帰路につきました(ほんとはもっといろいろな笑える出来事もあったのですが、それらは採集記の方で書きつづります)。

 さて、たくさん採れたはいいですが、問題は処理です。羊さんにしっかりレクチャーして頂いたので、それを参考に今度はちゃんと色を残せるよう、頑張りたいと思います。

e0115819_0323627.jpg

[PR]
by Izanagi_the_4th | 2010-10-17 23:52 | コガネムシ

感謝です。

 えー、今回のヤマトエンマの処理の失敗については、皆様からのご助言、励ましのコメントなどでかなり立ち直ることが出来ました。あらためて御礼申し上げます。


 しかしあれですね…。このブログで過去にあった、「マメダルマコガネ採集!」の誤報……あの時も訂正の記事を出す時はかなり恥ずかしい思いをしたのですが、恥を忍んで「マメダルマではなくガムシでした…」と公表したおかげでマメダルマに関するアドバイスをベテランの虫屋さんから頂くことが出来、その甲斐あってその後無事にマメダルマを採集することが出来た、ということがありました。


 今回もあの時と同じで、「処理の失敗」という自分の失態を公表することに最初は抵抗もあったのですが、色虫の処理方法に無知だった悔しさ、処理の手を抜いた自分に対する腹立たしさ、リベンジ(再度採集に行くこと)が叶わない苛立ち…などの、心の中のモヤモヤを発散させるために記事を書かずにはおれなかったのでした。


 そんなモヤモヤの中、勢いで書いた前回の記事でしたが、たくさんの方からコメントやメールで励まされたりアドバイスをして頂いて、久々に人情に触れたというか、「虫をやってて良かった」とあらためて思いました。皆様、ありがとうございます。


 そのヤマトエンマですが、いまはアセトンの中に浸かっております。色彩の回復の見込みは薄そうですが、4頭のうち2頭はなんとかヤマトエンマらしさは残っているので、全滅ではなかったという、その点だけはホッとしています。


 ヤマトエンマは今までは採ったことのない「幻の虫」でしたが、採集に連れて行ってもらったおかげで今は「頑張れば手の届く虫」になりました。ヤマトエンマの標本はこの先少しずつ増えて行くことになると思いますが(?)、ヤマトエンマを標本箱に並べる時は、今回のこの黒い4頭を筆頭に並べたいと思っています。それは、初採集の感動、生息地をみんなで歩き回った思い出、処理の失敗、そしてたくさんの方に助け船を出してもらったこと…。それらを忘れないようにするためでもあります。


 ヤマトエンマもそうですし、採集までに色々あったマメダルマや地元産を採集するまでに数年かかったミツノエンマなど、苦労をした虫ほど好きになるのは何ででしょうね。


 今年はマメダルマは採りましたがミツノエンマは採れていません(先月一度トラップは仕掛けたもののカラスにやられてしまいました)。ミツノにもまた会いたいな…。
[PR]
by Izanagi_the_4th | 2010-10-16 14:45 | 虫屋

馬鹿だ俺…

 先週いっぱいは滋賀でのヤマトエンマ採集の余韻に浸っていました。

 が……。

 当日採集した貴重な貴重な4頭のヤマトエンマのうちの2頭を、処理を誤り真っ黒な標本にしてしまいました…。

 馬鹿だ自分……。当日おおこぶさんやチャッピーさんに処理方法を詳しく訊いていたにも関わらずこのザマ…。情けない。残り2頭は何とかヤマトエンマだと判る状態ですが、とてもじゃないですが人に「ヤマトエンマです!」とお見せ出来る状態(色)ではありません。

 もう自分の不甲斐なさと適当さが情けなくて悔しくて……。

 とりあえず、今日、仕事帰りにホームセンターとドラッグストアに寄り亜硫酸ガスのセットは用意しました。さればまた滋賀にリベンジ…したいのですが、いろいろ都合が合わないので今月中のリベンジは無理そう(=今シーズンは無理)です…。

 マジで凹みます……。久々にどん底まで落ちたこの失敗。もう失敗を取り戻すのは無理なので、この失敗を後々に活そう…と思うことしか、今の自分には出来ることはなさそうです……。
[PR]
by Izanagi_the_4th | 2010-10-11 23:01 | コガネムシ

ヤマトエンマ採集

 今日は念願であったヤマトエンマ採集に行ってきました!

 場所は多産地として知られる滋賀県。天気予報では曇りのち雨ということでしたが、現地に着いた頃には晴れておりました。トラップ素材もたくさん持ってきたことだし、これは期待出来るかな…?

e0115819_22542848.jpg


 メンバーは一緒に行った名古屋のナナナさんと、現地で合流したおおこぶさん、チャッピーさんという豪華メンバー。自分とナナナさんはヤマトエンマを採ったことがないので、お2人に採集のノウハウを教えてもらうのも目的のひとつでした。

 …現在停止中のサイトが復帰した際にはそちらに採集記を書くのでここでは概要だけにとどめておきますが、トラップを仕掛けている最中から雲行きが怪しくなり出し、昼食中に雨が降り出してきました。雨中での回収作業となりましたが、トラップに来ていたのは朝一番におおこぶさんとチャッピーさんが仕掛けておいてくれた牛の落し物に来ていたミドリセンチ1頭だけという結果に…。まあミドリセンチは自分は初採集だったのでピカピカの個体が手に入ったのは嬉しかったのですが(笑)。

e0115819_23135658.jpg


 話が前後しますが、トラップを仕掛け終わって昼食までの間に、里山風景の中を各自バラバラになって散策したのですが、最初に見つけた犬の落し物から何とヤマトエンマを発見! 念願の初対面です。昨日までのシミュレーションでは、最初にヤマトが出たらまずは写真を撮ってから採集しよう、と考えていたのですが、いきなり黄色と黒のエリトラが出てきたので頭が真っ白になり、写真を撮るのも忘れて無意識にピンセットでつまんでサンプル管に入れていました(笑)。

 結局この散策では各自4頭ほどずつ採集することが出来ました。他にもカドマルやクロマル?が各1頭ずつくらい出てきたように記憶しています。聞いていた通り、ここでは圧倒的にヤマトエンマが優先種となっているんですね…。すごい。

 その後も場所を移して散策しましたが、雨が強くなってきたのと落し物がほとんどない状態だったことから追加は得られませんでした。あまり数が採れなかったことで、案内をして頂いたおおこぶさんとチャッピーさんには気を遣わせてしまったようでしたが、自分とナナナさんにとっては念願のヤマトエンマでしたので、4頭だけとは言え無事採集出来たので非常に嬉しかったです。ナナナさんもとても喜んでおられました。おおこぶさん、チャッピーさん、本当にありがとうございました。

 ヤマトエンマの採り方、生息環境は何となく掴めました。今年はもう時間がないので厳しいかもしれませんが、また近いうちに再チャレンジしたいと思います。

e0115819_23144885.jpg

[PR]
by Izanagi_the_4th | 2010-10-03 23:15 | 採集