フン虫、カトカラ、クワガタを愛する素人虫屋のブログです。


by Izanagi_the_4th

<   2011年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

月イチ

 このブログの今年の記事を読み返していて気付きました。

 

 今年、まだ10回しか更新してない……(汗)。



 「月刊・些昆虫記」かっ!



 …そんなわけで、今年も残り少ないですが、何とか頑張って更新していきたいと思っている所存です。



 あ、先日標本を整理していて気付いた件。

 標本箱のナンバーが「6464(むしむし)」でした。

e0115819_22464192.jpg


 …ただそれだけですが…(--;)
[PR]
by Izanagi_the_4th | 2011-10-24 22:46 | 虫屋
 前回の記事に書いたように、最近極度の虫不足だったので、月曜日に、以前オオフタホシマグソを採った牧場へ行ってきました。

 前記事にもあるように、先週末にひいた風邪がまだ治りきっておらず、体調は決して良くありません。おまけに夜勤帰りで眠くてグロッキー気味。その日の夜も仕事だったのであまり長居も出来ません(この牧場まで往復3時間掛かる…)。

 しかし今週はこの日しか出掛けられる日がなく、何より「そんな状況でも虫を採りに行きたい」という欲求が勝り、かなり無理をして強行したのでした。

 片道1時間半かけて現地に到着。車を降りて牧場の方に歩いていくと、足下に何かの死骸。

e0115819_14315212.jpg


 よく見てみるとセンチコガネでした。そういや前回ここにはセンチコガネはいなかったな…。山の中の牧場なのでいても不思議はないと思うのですが。

 しばらく歩き牧場に着くと、関係者の方達が4人ほど集まって何やら作業をしておられました。牛の落とし物にいるコガネムシを採らせて欲しい旨を伝えると快諾してもらたので、そこでしばし雑談。自分が、「他にもこうしてコガネムシを採りに来る人っています?」と聞くと、やはり時々いるとのこと。「そういや日曜にも名古屋から採りに来てたよ。子どもさん2人連れた人が」…って、それはもえびさんでは…(笑)?

 採集を許可して頂いたお礼に持参したわずかながらの手土産を渡し、3日ほど前に牛を放牧していた場所を教えてもらいました。その後は広大な牧草地でひたすら採集と撮影。目標はオオフタホシの追加です。幾つか目の牛の落し物から、それは姿を現しました。

e0115819_14354478.jpg


 やはりこの虫が牛の落とし物から姿を現した瞬間は、その色鮮やかさにハッとさせられます。学名通りまさにエレガンスな虫です。

 小ぶりの落し物にはオオフタホシは入っておらず、大きめの物に入っていることが多かった気がします。

e0115819_14371224.jpg

e0115819_14461623.jpg


 一箇所からオオフタホシマグソとツノコガネとカドマルエンマが出てきたことも。

e0115819_14382864.jpg


 本日の武器(採集道具)は、最近つりぴこさんに頂いた竹ピンセット。非常に使いやすく、金属製のピンセットと違って柔らかい感覚で虫を摘まむことが出来るので大変助かりました。

e0115819_14391681.jpg


 そうそう、今回はセンチコガネもいました。紫色の綺麗な個体です。

e0115819_1440956.jpg


 前回は1頭しか採れなかったヨツボシマグソコガネも今回は結構な数が見られました。

e0115819_1441962.jpg


 ツノコガネも結構います。

e0115819_14501556.jpg


 今回いた種を多い順に挙げると、

・フチケマグソ(だと思われる小型のマグソ)
・カドマルエンマ
・ツノコガネ
・オオフタホシマグソ
・ヨツボシマグソ
・タダマグソ
・センチコガネ

 という感じでしょうか。特に上位2種は半端なく多いです。クロマルエンマやマエカドコエンマもいたように思いますが、今回はエンマはほとんど調べなかったので正確な数は分りません…(笑)。

 時間の都合で1時間半ほどの採集でしたが、状態の良い牛の落とし物も非常に多くあって、全部見きれなかったくらい、十分に採集を堪能出来ました。

 ああ、昆虫採集という素晴らしい趣味を持って良かったと、今更ながら改めて思いました。

 最後に付近にいたスタッフの方に挨拶をして牧場を後にしましたが、日頃の虫不足を解消出来て、清々しい気持ちで帰途につきました。
[PR]
by Izanagi_the_4th | 2011-10-19 14:47 | 採集

全然ダメです…

 全然ダメです、今年は。

 いや、自分の採集が、なんですけども…。

 振り返ればケシマグソやオオフタホシマグソ、ヨツボシマグソ、オオマグソなど、初対面の虫はいたことにはいたのですが、トラップで狙った採集は全く成果が得られませんでした。

 1月に行った犬の落し物によるトラップ採集、夏に行ったオオコブ狙いのトラップ採集、それと並行して秋まで行った、trox狙いの鳥のDORを使ったトラップ採集……皆Nullでした(目当てでないコブマルとかは採れましたが)。

 9月から今月にかけては「久しぶりにミツノエンマに会いたいな~」と思い、以前採集したポイントで魚肉トラップを3回ほど仕掛けましたが、トラップは皆1~2日後には消滅してしまいました。

 人の手の入っていない休耕田のような場所の、さらに人目につかなさそうな場所に毎回仕掛けていたので、恐らく犯人は野良猫かカラスあたりだと思われますが、ここまで壊滅的にやられたのは初めてです。

 なので当然ミツノもNull。今月いっぱいくらいはまだ採れるかと思いますが、もうさすがに気力が萎えてしまったので今年はあきらめました…。

 しかし、自分のミツノトラップは容器にペットボトルを使っているので、「消滅」してしまうと自然環境にもよくありません。来年は何か対策を考えないといけませんね…。

 さらに、本当はこの休みあたりに久々に家族で奈良に行く計画を立てていたのですが、自分を始め子ども3人が相次いで風邪にかかってしまいあえなく中止となってしまいました。ああ、ルリセンチとも会えないのか……。

 フン虫仲間の方と、とある地方への遠征も計画しているのですが、未だ家族の許可が出ず…。うう、ここまで来ると完全に虫不足です…。そのせいか、最近はフン虫採集をしている夢をよく見ます。自然環境の良い広大な牧場で、独り牛の落し物をひっくり返している自分…。今年は本当に夢のままで終わるのか…?

 今週は夜勤なので、夜勤帰りにちょっと時間をもらって遠出してこようかな…。
[PR]
by Izanagi_the_4th | 2011-10-16 02:01 | 採集