フン虫、カトカラ、クワガタを愛する素人虫屋のブログです。


by Izanagi_the_4th

ドクロ蛾

自分の勤める工場は、夜間もシャッターなどを開け放していることが多いので、色々な虫が明かりに引かれて侵入し、そのまま出られなくなって、至るところでその亡骸をさらしています。


自分は迷いこんだ虫を見つけると、可能な限りは外にリリースしているのですが、先日、夜勤の休憩中に、こんな侵入者を発見しました。

e0115819_18125315.jpg


だいぶ弱っているようで、ボロボロの姿で通路でじっとしていました。


こいつがメンガタスズメなのかクロメンガタスズメなのかも分かりませんが、ともあれ外に逃がしてやろうと思い、手に取りました(このサイズの蛾は苦手なので軍手でですけど)。すると、太い前脚でバリバリとあがくんですね。なんとも言えない感触…(笑)。カブトムシくらいの力のように感じました。蛾にこんなパワーがあるのにびっくり。

e0115819_17372714.jpg


背中の模様から、ドクロ蛾とも呼ばれるメンガタスズメ。しかし、その顔は、大きなお目目でなかなか可愛らしいものでした(^-^)


その翅の模様もおどろおどろしいけど、よく見るとなかなか芸術的な、普通の人には思い付かないようは奇怪な模様。


自分はやはり、蝶の陽気さより、蛾の陰気さに惹かれるなあ~。

e0115819_18133528.jpg

[PR]
# by Izanagi_the_4th | 2013-10-24 09:59

カブト大往生

6月から飼い始めた次男のカブトムシ。


9月に入ってから元気がなくなってきていたけど、一昨日からエサも食べなくなり、今日、天寿を全うしました。


次男、大号泣。

e0115819_2055159.jpg


でも、カブトの飼育で3ヶ月も生きたのは長い方だと思う。


まるで生きている時のような姿のまま、死んでいました。


エサのゼリーが汚れたらすぐに交換し、マットが乾燥したら霧吹きで水をやり…と、甲斐甲斐しく世話をしていた次男。


「昆虫飼育は子どもの情操教育に役立つ」が持論の自分としては、次男が流した涙は本物だと思うし、このカブトとの3ヶ月はきっとこの先も思い出として残ると思う。


このカブト、次男があまりに可愛がっていたので、標本にして残すことも考えたけど、次男が「それだとお母さんのところに帰れないから」と言ったので、明日、庭に埋葬することになりました。


次男、3ヶ月間のお世話お疲れさま。カブトも、次男のためにウチに来てくれてありがとう。


また来年の夏に会いましょう。
[PR]
# by Izanagi_the_4th | 2013-09-14 20:41 | コガネムシ

飼育用品購入へ

前回交換しなかったツノボソ幼虫3頭のマット交換をしようと思い、土間収納に入れておいた使いかけのマットを取り出してみると……うっ、コバエ、線虫、ダニが湧いている(;´д`)


きちんと封をしておいたはずなのに、こいつらどうやって湧くんだ? 長年クワガタ飼育をやっていても解らない疑問です(多分永遠に解らないでしょう)。


ともかく、これではマットが使い物にならないので、自宅から車で5分のところにある昆虫ショップ「ホビー倶楽部」へ。


目的の無添加発酵マットと成虫用のゼリーなどの用品を購入。気さくな店主と店内でそのまま1時間ほど雑談(^-^)


しかし、平日の真っ昼間なのに、問い合わせの電話が度々入ったり、他のお客さんが来たりして、なかなか忙しそうな店主さんでした。

e0115819_14552927.jpg


今日は夜勤なので、もうそろそろ寝ておかないといけないので、マット交換は明日にします。
[PR]
# by Izanagi_the_4th | 2013-09-04 14:43 | クワガタ

ワラストン

盆休みの昆虫展で、息子の友達が手に入れたワラストンツヤが死んでしまったとのことで、何故か死骸がウチに持ち込まれたので(笑)、標本にして返しました。

e0115819_197975.jpg


普通の親としては、死んだら土に埋めて終わり、にしたいところだとは思いますが、名前も覚えて大事に飼育していた息子の友達のことを思うと、標本にして残しておくのもありかなと。事実、これを渡したら、凄く喜んでくれたし…。


あとは、このまま標本にして残すか、土に還すかは向こうの親次第ということで…(^-^;
[PR]
# by Izanagi_the_4th | 2013-08-29 19:05 | クワガタ
ツノボソ幼虫6頭のうち、3つの容器がマットの劣化、線虫の大量発生のため、マットの交換をしました。


前回のマット交換時には小さくて♂♀の判別はしていませんでしたが、今回は全て3齢まで成長していたので内訳を見てみると、♂1、♀2でした。


♂はまだ体色、体の張り具合からしてまだ成長しそうですが、♀の1頭はそろそろ成長マックスといった感じでした。これが羽化までの最後のマット交換になりそうです。


残りの3つの容器も近いうちに最後のマット交換をする予定してます。

e0115819_21392041.jpg

[PR]
# by Izanagi_the_4th | 2013-08-26 21:39

久々の展脚

先日採集したコガネ達を、昨日展脚し、今晩微調整をしました。


実に久々の展脚作業でしたが、体長3㎜前後のマグソコガネ類の方は、やっているうちにだんだん感覚を取り戻してきて調子よくやれましたが、それよりも体長1~2㎝ある食葉コガネの方が不慣れなせいもあってか大苦戦…(^-^;

e0115819_23161140.jpg


何とか仕上げて改めて見てみると、食葉コガネはきれいだなあ…とその魅力を再確認。


今シーズンはもう半ばを過ぎてしまいましたが、来年からは食葉の方も手を出していこうかと思っている今日この頃です。
[PR]
# by Izanagi_the_4th | 2013-08-13 23:10 | 標本

昆虫展

毎年お盆休み恒例の、地元デパートで開かれる昆虫展(というかクワガタ&カブト展)。


ホビー倶楽部さんがこのデパートから委託されてやっています。


ここの目玉は、クワガタやカブトがたくさん放された檻の中に入って虫と触れ合えるコーナーなのですが、開催日の最終日に、その中の虫を1人1頭限りで格安で販売するのです。


開催期間中、たくさんの人たちに触られたり遊ばれたりして、弱っていたりB品になっていたりする個体が多いのですが、やはり格安ということもあり、毎年最終日には開店前から行列が出来るのほどの盛況ぶりです(去年も書きましたね)。


去年ここで買ってきた国産オオクワとタイワンオオクワがまだ健在なので、今年は行く予定はなかったのですが、ちょっとした理由から前日になって急きょ行くことに。


息子とその友達を連れて出発し、開店前から並びましたが、既に並んでいる人がたくさんいて、催事場に着いた時には前から30番目くらいでした。


我々が檻の中に入った時には既にオオクワガタはなくなっていました(笑)。やはり人気だな~、オオクワ。去年も同じくらいの順番でオオクワ&タイワンオオクワが残っていたことを考えると、今年はオオクワは少なめになっていたのかもしれません。


ま、しかし、息子たちはオオクワガタではなく外国のクワガタが欲しいと言っていたので、人口密度の高い檻のなかで、残っているツヤクワガタの仲間を物色。ツヤクワは全く判らないのですが、見ている限り、3種ほどいる様子。


のんびり見ていると、次から次へと入ってくる他のお客に取られてしまうため、目ぼしい個体を手に取りながら、子どもたちをせかしながらの物色です。


試行錯誤の末、息子はダールマンツヤ、息子の友達はワラストンツヤ(?)に決めました。個人的にはアルキデスヒラタにちょっと惹かれたのですが、ここは子供の意思を尊重して…(笑)。


共に小歯型ですが、元気の良い完品でありました。

e0115819_1614526.jpg


2人とも初めて手にする種のクワガタに大興奮。帰宅後、ケースに入れ換えたりしてる間も大騒ぎでした。

e0115819_16171472.jpg


成虫の寿命はあまり長くないみたいですが、大事に飼って、少しでも長生きさせてやるんだよ~。

e0115819_16183359.jpg

[PR]
# by Izanagi_the_4th | 2013-08-13 12:50 | クワガタ

リベンジ灯火採集

昨日、地元昆虫研究会のTさんと、奥三河の某牧場へ、ライトトラップをやりに行ってきました。


前回はトラップ設置後に雨に降られ、場所を変えてやったら成果はさっぱりでしたが、Tさんに再度お誘いを頂き、リベンジと相成りました。

e0115819_8282152.jpg


明るいうちに牧場内を散策し、カドマルエンマ、クロマルエンマ、マエカドコエンマ、ウスイロマグソ、フチケマクマソを確認。普通種ばかりですが、久々にフン虫採集を満喫しました。


日没前にトラップ点火。暗くなるにつれて次々といろいろな虫が飛来します。

e0115819_8291092.jpg


Tさんは雑甲虫をメインに、水棲昆虫やトンボ、クワガタなども採集していきます。


自分は飛んでくるマグソコガネを少しずつ摘まみながら、たまに綺麗な食葉コガネも毒ビンに入れていきます(こちらもスジコガネなどの普通種ばかりですが)。


それにしても、牧場だけあってマグソコガネの飛来が物凄いです。幕を見ていると、次から次へと飛来し、自分の衣服や頭にもどんどんくっついてきます。こちらも恐らくフチケとウスイロばかりだと思われますが、なかなか楽しい光景でした。

e0115819_830859.jpg


1年の1/3は採集に出ているというTさん。この日も毒ビンの中は採集した虫でいっぱいになっていました。


Tさん、いろいろとありがとうございました。またご一緒させて下さいませ。
[PR]
# by Izanagi_the_4th | 2013-08-12 08:09 | コガネムシ

カブトの引っ越し

自分が6月に灯火で拾ってきて、次男が飼育しているカブトのオス。

e0115819_1033494.jpg


次男が意外ときちんと世話をしているので、現在も元気で生きています。


これまで何度か「カブトも一人じゃかわいそうだから、そろそろお友だちのところに帰してあげようか」とリリースを促しましたが、頑としてきかない次男。心底このカブトをかわいがっているよう。


小型の個体ということもあり、今までプラケのミニで飼育していましたが、次男がそこまで真剣に飼いたいというなら…と、プラケ小に引っ越しさせました。

e0115819_1092044.jpg


いくら小型個体とは言え、やはりミニではちょっと窮屈そうでしたからね。


更に、「一人でかわいそうだから」と、ヘラクレスの人形をケースに入れる次男(笑)。

e0115819_1012670.jpg


e0115819_1012381.jpg



ちゃんと最後まで面倒見るんだよ~(^-^)
[PR]
# by Izanagi_the_4th | 2013-08-05 10:01 | コガネムシ

1月採集の幼虫羽化

今年1月に地元で仲間と採ってきたクワガタの幼虫が無事羽化したと、飼育していたエルから連絡が。

e0115819_9273790.jpg


コクワでした~(^-^;


自分の見立てではスジクワだったのですが(^-^;


せっかく材採から羽化までさせたのだから、同地でメスを採ってきてブリードでもすればいいじゃん…とエルに提案したのですが、後日、元の場所にリリースするそうです(^-^;
[PR]
# by Izanagi_the_4th | 2013-08-01 09:24 | クワガタ