フン虫、カトカラ、クワガタを愛する素人虫屋のブログです。


by Izanagi_the_4th

標本作り

 注文していた台紙が届いたので、ようやくたまっていた標本作りを行うことが出来ました。

 結局台紙はチャッピーさんのアドバイスもあって四角台紙に変更しました。確かに、三角台紙ですと標本箱の中身を整理したりする時に台紙から飛び出ている部分が隣の台紙に当たったりして標本が破損することが多かったので、安定性・安全面からすると四角台紙の方が良いですね。チャッピーさんには他にもいろいろ台紙についてご助言を頂きました。ありがとうございます。

 さて、マウントする前に展脚したあった標本を改めて見てみると、やっぱりまだまだ雑だなぁと思いました(笑)。幾つかはうまく出来ているものもあるのですが、前脚が下がっていたり後脚の左右のバランスがバラバラだったり…と、出来がイマイチなものもあります。軟化がうまく出来ずほとんど展脚出来なかったものもあるし…。まあでも、これが現時点での自分の実力…と納得し、これらはこのまま標本にすることにしました。昨年作った標本に比べたら全然いい出来です。

 今回は他にも購入した物や頂いた物なども一緒にマウントしたのですが、やはり台紙に乗せる時が一番緊張します。自分は精密ツイーザーをまだ持っていないので普通のピンセットで標本を摘んで台紙に乗せているのですが、エンマコガネやセンチコガネの仲間などはこのピンセットで十分なものの、奈良で採ったオビモンマグソやネグロマグソなどの小さな種や、頂き物のウエノマルマグソコガネ(極小!)などは普通のピンセットなんかで摘もうものなら脚も一緒に挟んでボロボロにしてしまいそうなので、このサイズの虫は濡らした筆にくっつけて持ち上げています。標本が落ちることもほとんどないですし、個人的にはこれが一番安心なやり方です。
e0115819_18385478.jpg

 こうして台紙貼りが無事終わり、印刷したラベルをカットして付けて、無事標本完成です。「ただの死骸」が、ラベルを付けマウントすることによって「標本」になるこの作業はとても楽しい作業です。

 あ、今回は自分にしては珍しく、マウント中に標本を破損させることなく出来ました(笑)。

back
[PR]
# by Izanagi_the_4th | 2007-02-09 22:10 | 標本

Work, sleep or insect

 1週間ほど更新が滞ってしまいました。サイトで1週間更新が滞るのは日常茶飯事だったのですが、ブログで1週間空くとなると妙に「更新しなくては…」という強迫観念に駆られるのは何故でしょうか(笑)。

 そんなわけで、これといってネタもないのですが、強迫観念で何とか記事を書きたいと思います。

 前回お伝えした通り、昨年までの採集品の整理もほぼ終わり、現在は注文中の台紙の到着を待っている状態なのですが、年末からずっと虫を整理したり写真を撮ったり採集に行ったり…と虫と過ごす時間があったのに、ここ1週間はぽっかりとそれがなくなって何だか物足りません。奈良での採集品も、1日1頭とか決めて、もっとじっくり時間をかけて展脚すれば良かったなーとか今さらながら思っております。

 あ、そうだ。今週は夜勤なんですが、通常その週の月曜の夜から始まり、土曜の朝に終わる5直勤務なのですが、今週は特殊で1日早く日曜の夜から入っているので、金曜の朝には5直終わって夜勤が明けます。なので、金曜は朝仕事が終われば1日フリータイムとなるので、その時間を利用して、先日偶然シカフンを見つけた豊川市のネブトポイントへ冬物マグソの調査に行くつもりでいます。この地は地元昆虫研究会で調査もされているのですが、他の虫ばかりが対象でフン虫については何も報告がないので、何が出て来るか今から楽しみです。恐らく県内で報告のある既知種ばかりとは思いますが、眠気と戦いながら頑張って地元の冬物マグソを探して来ます。

back
[PR]
# by Izanagi_the_4th | 2007-02-07 11:37 | コガネムシ

台紙がない

 奈良での採集品の展脚もほぼ終わり、未整理状態になっていた他の採集品も含めて今回全てまとめてマウントしようと思ったのですが、標本道具箱の中を見ると台紙が足りません。今まで数種類の台紙を使ってきましたが、体長5ミリ前後の小型種のマウントには志賀昆虫普及社製のセルロイド製の物か、既製品の長方形の台紙の片側を三角形にカットした物を使ってきました。

 しかし今回はいつになく標本の数が多いので、この両方を合わせても数が足りません。台紙は自作されるという方もおられますが、今後は出来るだけ台紙も型を統一していきたいので、自分的には台紙は既製品にしておきたいところ。そこでいつも台紙を購入している六本脚のサイトを見てみると、最近のフン虫ブームの影響からか、小型種に適するようなサイズの台紙はほとんど品切れ。セルロイド製は個人的には気に入っていて六本脚にも在庫はあったのですが、経年変色や変形があるという話なのでどうしよう?という感じです。

 とりあえずメールで台紙の入荷の予定を問い合わせてみると、全く未定とのこと。

 さて、どうしましょう。

back
[PR]
# by Izanagi_the_4th | 2007-01-31 22:00 | 標本

材割採集…Null.

 採集仲間の鞭山に会う用事があったので、そのついでに一緒にネブトクワガタの幼虫採集に行って来ました。
e0115819_2251325.jpg

 場所はいつもの豊川市I池周辺の森。変な時間に家を出たので、ポイントに着いたのはもう15時半頃。陽はだいぶ西に傾いており、日没まであまり時間がありません。おまけに急な採集だったためナタなどの道具類もほとんどない中での採集となりました。
e0115819_22512934.jpg

 …結果から言うと、2人ともボウズ。じゃなかった、Null。思い返せばここでネブトの幼虫を最後に採ったのは4年前で、以後この場所でネブトの姿は一度も見ていないことになります。来る度にゴルフ場の開発が進み、森林が削られているこのポイント。虫達にとって住みづらい環境になってきているのは確かだと思いますが、今回は今までのポイントとは少し離れた場所を探したので、我々の見当が悪かっただけかもしれません。

 また、ネブトのいそうな材を求めて急な斜面を縦走している時、シカのフン塊が林床に落ちているのを発見。夏の夜の樹液採集の時にこの場所でシカに遭遇したことがあるので、ここに野生のシカが生息しているのは知っていましたが、こんな急な斜面にフンが落ちているのちょっと驚きです。どんな態勢でしたんだろ(笑)? 

 調べてみると、小型マグソが入った形跡は無数にあるものの、肝心の虫の姿はナシ。ちょっと古かったかな。でも、ここにも冬物マグソがいることが分かったので、また後日調査せねば…と思った次第です。

 続いてU山に寄り三度目の正直(採集記参照)でクロツツを探しましたがこちらもやはりダメ。というか、その頃になるともう辺りも暗くなって視界が利かなくなってきてダメでした。
 
 その帰り道、ギャンブラー・鞭山に誘われ近くの蒲郡競艇のナイターへ。「精密ピンセットが買えるくらい儲かるといいな」とか思いながら来たわけですが、競艇自体素人な上に資金もないので1回1000円×3レースだけやったのですが、鞭山の「1着は絶対こいつが来るから」というのを信じてそこから流して賭けてみたら3レースとも見事それが的中し、3レースともなんとかプラスにはなりましたが、計算してみると+880円(笑)。ピンセットは買えんなぁ…。
e0115819_22513849.jpg

 上の写真は鞭山がケータイで撮った写真ですが、初めて行くナイターはきれいでした。

back
[PR]
# by Izanagi_the_4th | 2007-01-27 22:51 | 採集

オビモンマグソ展脚

 先日、チャグロとネグロで実習し、ある程度展脚というものが分かってきたので、いよいよオビモンマグソで展脚に挑戦することにしました。

 あ、先日展脚したチャグロとネグロは、翌日微調整も済ませ、何とかマウント出来る状態まで持ち込むことが出来ました。うふふ。展脚って楽しいものですねっ!
e0115819_1137969.jpg


 オビモンマグソも一度裏展脚し、翌日また整形。乾燥させて完成…と思いきや、右前脚が下がってました。うう~ん。以前の自分なら全然OKなんですが、気になり出すとダメですね。こちらはまた後日修正する予定です。
e0115819_11584149.jpg

back
[PR]
# by Izanagi_the_4th | 2007-01-20 11:39 | 標本

展脚

e0115819_11201011.jpg

 奈良での戦利品の展脚を行いました。

 ネブトクワガタくらいのサイズの虫であれば展脚も楽しいのですが、このマグソコガネ達のように体長5mm前後の虫となると展脚は大の苦手。過去、この日記でも展脚に悪戦苦闘して来たのはご承知の通りです。

 しかし、東京のなんちゃんさんに色々展脚の方法をご指導頂いた上、虫達には申し訳ないですが、何より今回は数があるので、なんちゃんさんに教えて頂いた知識をベースに、実際に虫達で実習することが出来るので、気持ち的には今までより随分楽でした。というか、思う存分楽しみながら作業をすることが出来ました(今までは「虫を壊してしまうんじゃないか…」とビビリながらの作業でした)。

 今回から展脚に導入したのは耐震用のシート。今まで使っていたぺフ板に両面テープが付いているマットでは粘着力が強すぎて、裏展脚する際に脚や触覚がくっついて取れてしまったり、はがす際に上翅がもげたりしてしまっていたので、ホームセンターで耐震用シートを購入して来て使用してみました。使い勝手は今までのぺフシートより格段に良く、展脚は非常にスムーズに出来ましたが、黒いシートなので黒い虫を展脚するには見づらくてとても疲れます。透明か白いシートなら、シルエットを見ながら裏展脚出来るのにね。これは自分の選択ミスでした。でも、そこの店では耐震用シートはこれしか売ってなかったんです…(なんちゃんさんオススメのシートは透明とか。こちらも是非近いうちに入手しようと思います)。

 目は疲れるものの、耐震用シートの使い勝手は非常に良く、今まで手こずった展脚作業が物凄くはかどります。触覚なんぞも筆でチョイチョイとやるだけできれいに出せます。おお…感動。
e0115819_1120449.jpg

 とりあえずチャグロマグソとネグロマグソを計10頭ほど裏展脚したところで今回は終了。また乾燥させて後日微調整します。何だか、今まで苦手だった展脚が楽しくなって来ました(笑)。

back
[PR]
# by Izanagi_the_4th | 2007-01-16 11:23 | 標本
 昨年末に奈良へオビモンマグソコガネを採りに行きましたが、その時の個体の半数以上はまだ元気に生きています。
e0115819_12212535.jpg

 この採集行ではオビモンマグソの他にセマダラマグソ、クロツツマグソ、ネグロマグソ、チャグロマグソが採れたわけですが、いずれも体長5mm前後の小さなコガネムシ。それでいて上翅のスジや模様など、ルーペなどで見ていると精密な工芸品のようで、その愛らしい姿と動きは、ずっと見ていても飽きません。癒されます。

 コガネムシ採集の第一目的は標本を得ることですが、自分の場合、このような観察が好きなので、採集後もしばらく生かしておき、暇な時に観察したり写真撮影をしたりします。しかし、ちょこちょこ動くこれら小型昆虫のマクロ写真はなかなかうまく撮れません。ましてや今はじっくり写真撮影に取り組む時間もあまりないので、少ない時間でチャレンジしても満足のいく写真は撮れません。

 設備的な問題もありますが、経験も大切なはず。これらのコガネ達にはもう少し元気でいてもらって、これからも時間のある時に撮影にチャレンジしていきたいと思っています。
e0115819_12213868.jpg


back
[PR]
# by Izanagi_the_4th | 2007-01-11 12:22 | コガネムシ

標本整理

 正月休みも残り僅か。今日は少し時間もあったので標本の整理なんぞ行ってみました。

 …と言っても、先日の奈良での戦利品ではなく、過去に採集したまま未整理になっている標本達です。

 いずれもフン虫ばかりですが、データを見ると、2005年春~2006年夏までの物。2年近く整理してなかったんだ…と反省。一部マウントまで終わっているものもあれば、中には未展脚のままの個体もあり、こりゃこの時間だけで終わらすのは無理だ…と思い、とりあえず展脚まで終わっているものをマウントするところまで作業。ラベルも付けましたが、同定が済んでいないマグソコガネもあるので、それらをテレスコマイクロで覗いてみました。

 2005年夏に牧場で採った未同定のマグソ達は、自分が同定に不慣れなこともあり、なかなか名前を特定出来ませんでしたが、その中の「赤茶色マグソ」の画像をチャッピーさんに送って見てもらったところ、フチケマグソコガネ(超普通種)の赤色個体と判明。そこでフン虫図鑑でフチケマグソの特徴を調べ、図鑑と照らし合わせて残りの採集品も調べてみると、全体の約6割の個体がフチケマグソと判明。残り3割はウスイロマグソ(同じく超普通種)。初の牧場での採集品達ということで、多少ビギナーズラックというものを期待していましたが、やはりいきなりそんなレアな種は採れませんなぁ~。
e0115819_1254086.jpg
 
 ちなみに残りの1割は標本の状態が悪かったりして同定出来ず。また時間のある時に同定に取り組むとしよう。

 2006年の採集品の中で、既に展脚済みのムネアカセンチ、セスジカクマグソ、センチコガネらもマウント。これらの種は、買ったり譲ってもらったりした標本が既に標本箱に入っているのですが、やはり自己採集品となるとなんとなく別格です。特にムネアカセンチやセスジカクは昨年初めて出会った虫でしたから余計に思い入れがあります。

 そう考えると、同じように購入品と一緒に並んでいる自己採集のルリセンチやゴホンダイコクもやはり別格なわけでして、今まではそうして購入品も自己採集品もごっちゃで標本箱に入れていたのを、これを機に購入品・移譲品と、自己採集品で箱を分けることにしました。これが結構手間がかかりましたが、自己採集品だけを1つの箱に採集順に並べたのを見たら、フン虫にハマっていく経緯や、採集当時の色々な出来事が思い出されていい感じです。未だ普通種ばかりですが、今年はこの中に珍品と呼ばれる標本が並ぶといいな~。

back
[PR]
# by Izanagi_the_4th | 2007-01-04 12:01 | 標本

ブログに移行しました

 以前書きました通り、この『些採集記』は、ブログ形態へ移行しました。

 いつから移行しようと考えて、キリ良く2007年1月からにしようと決めたのは随分前なんですが、年始は何かと忙しくて新しくブログを作る時間もなく、ネタは溜まっているものの記事を公開出来ないまま来てしまいました。

 しかしこのままではいつまで経ってもこの『些昆虫記』が更新出来ないので、とりあえずブログだけは開設してみました。レイアウト等、全く何も考えず、本当にただ「開設しただけ」ですが、デザインも含め、これらはまた追々改装していくつもりでいます。

 …確認になりますが、位置づけと致しましては、このブログ『些昆虫記』は、サイト『Circle of Life』の中の1コンテンツ、という扱いになります。形態はブログになりましたが、内容はこれまで通り、コガネムシ、クワガタを始め、様々な虫達との出会い、ふれあいなどを、雑記形式で記していきたいと思います。

 先にも書きましたように、1月分のネタは多々あるのですが、それらはまた順次公開していく予定でいます(この記事を書いているのは本日1月19日ですが、1月上旬の出来事も後でアップする予定なので、とりあえず記事の順番がおかしくならないようにこの記事は1月1日付けにしてあります。ご了承下さい)。

 さて、このコンテンツがブログ形態に移行ということで、本館のサイト『Circle of Life』をご覧になったことのない方が、このブログを先に見つけてご来訪されるということもあると思われます。そういった方々のために当方の自己紹介なんぞをさせて頂きます。

 ええと。管理人の名前はイザナギと言います。このブログではIzanagi_the_4thですが、イザナギで結構です。何故4thかと言いますと、“イザナギ”の名前でサイトやブログを始めるのが4回目だからです(笑)。

 名前の由来は、今も高知県物部村に伝わる、陰陽道・いざなぎ流から。10年ほど前に陰陽道に興味を持った時、物部村といざなぎ流のことを知り、その自然や生活習慣、流派の儀式などを扱った写真集を読んで感銘を受けたことから、ネットデビューした頃からハンドルネームとして使用しています。

 愛知県三河地方に住み、子供の頃から虫好きではありましたが、普通の子供同様に昆虫採集は小学校で卒業。しかし、今から15年程前の高校時代の夏、偶然家の門灯に飛来したコクワガタを何気なく飼育しているうちにクワガタ熱が再燃し、連日山通いをするようになりました。

 その頃勃発したオオクワブームに乗っかり大型種の飼育も経験しましたが、次第に嗜好が小型種に特化し、中でもネブトクワガタは採集、飼育にどっぷりハマり、2000年春にネブトなど小型クワガタメインのサイト『Treasure in the Darkwoods...』を開設すると、地元愛知のネブト愛好家の方々と出会う機会に恵まれ、そういった方々と「小型種愛好会」を作り(現「小型クワガタ愛好会」。現在イザナギは退会)、採集オフ会や余品の交換、情報交換などを続けてきました。最盛期には部屋で200頭近いネブトを飼育していた事もあります(南の島のネブトは大量に卵を産むので、このくらいの数字は愛好家の間では全然少ない方ですけどね)。

 しかし、数年も経つと採集も飼育も頭打ちとなり、その頃流行り出した外国産にはあまり興味もなかったので、クワガタは少し中座。チョウやカミキリにも興味はあったので、クワガタ以外の虫もやってみようか…と思っていた時に、偶然塚本先生の「日本列島フン虫記」を書店で目にし、表紙に並んだ美しいコガネムシ達の写真に心を惹かれ、未知の世界であったコガネムシの世界に飛び込みました。そしてその奥の深さにどっぷり浸かり、2005年春、サイトもクワガタメインからコガネムシも含めた小型甲虫を扱うサイト『Circle of Life』に転身し、現在に至っています。

 公私共に忙しいためなかなか採集にも行けず、コガネムシに興味を持つようになって今年で3年になりますが、未だ普通種と呼ばれる種との格闘が続いています(フン虫に傾斜していく経緯は本館の『些昆虫記』をご覧頂けるとお分かりになると思います。これは前身サイトの頃から続けているコンテンツです)。また、昨年からはネブトクワガタの飼育も再開しており、今年は久々に本格的なブリードに挑戦するつもりでもいます。

 コガネムシの世界は、いろいろ知らない事もまだ多々あり、日々精進で頑張っております。初めてご覧になられた方も、以前からご覧頂いている方も、あらためまして、宜しくお願い致します。

 それでは、長い挨拶ではありましたが、次回の更新からはいつもの通り雑記調で記事を書いていきますので、宜しくお願いします。

 ではでは~。

back
[PR]
# by Izanagi_the_4th | 2007-01-01 23:13 | その他