フン虫、カトカラ、クワガタを愛する素人虫屋のブログです。


by Izanagi_the_4th

カテゴリ:コガネムシ( 47 )

箱がない…

 採集品、頂いた物……と、我が家の標本は着実に増えて行く一方ですが、それらを入れる箱が足りなくなってしまいました。

 現在、標本は自己採集品と購入/移譲品とに分けて整理しているのですが、その両方とも満室となり、現在タトウに入ったままのものや裏展脚されたままの標本が無数にあります。とりあえず一つ大きめの標本箱を購入して自己採集品は全てそちらに移して、空いた箱に購入/移譲品を入れよう…と思っているのですが、標本箱を1個単位で売っているショップは少なく、いつも頼んでいるところでも自分が欲しいサイズの箱は品切れ中とか。

 入荷はまだ未定とのことですが、無造作にタトウの中や耐震マットの上に並んでいる死骸達を見ていると、早くラベルを付けて標本にして箱に入れてあげたい…と思えてきてしまいます。
e0115819_11251394.jpg

[PR]
by Izanagi_the_4th | 2007-08-02 11:26 | コガネムシ
 息子(2歳)が最近昆虫に興味を示し始めたので、飼育用にカブトムシとノコギリクワガタを地元のU山で採集してきたのですが、カブトは毎日喜んで観察しているものの、どうもクワガタの方は恐いらしく関心がないみたいだったので、今日夜勤が終わった後、U山に立ち寄りリリースしてきました。

 クワガタを逃がし、車に戻る途中、ふと足元のアスファルトを見ると、何かが車に轢かれてペシャンコになっています。「何だろー?」と思いしゃがみ込んで見てみると、全長15~20㎝くらいの何かの動物の尻尾のようです。何故に尻尾だけ!?

 車にはねられたりしてバラバラになってしまったものなのかもしれませんが、その上車に轢かれてペシャンコになり、カリカリに干からびています。さらによく見ると、潰れたその物体の中に黒い物が混じっています。おお、潰れたエンマコガネだ。コブマルっぽいな。きっと摂食中に尻尾ともども車に轢かれてしまったんでしょう。こんな道路の真ん中じゃ無理もないよなぁ。

 その辺に落ちていた木の枝でアスファルトにこびりついたその物体を剥がしてみると、その下にもう1頭エンマコガネの轢死骸が。他にもキレイな色彩のシデムシなども潰れていました。

 この山へは子供の頃からカブト・クワガタを採りに来ているわけですが、フン虫に関しては以前センチコガネの残骸を一度見つけたことがあるだけで、エンマもマグソも一度も見たことがありませんでした(標高100mくらいの小さな山なので調べようという気にもならなかった)。そういう意味では、こんな轢死骸でもこの山で初めてのエンマコガネとの対面であったわけで、標本にしようと思い持ち帰ることにしました。

 虫除けも何もしていなかってので、これを採集している合間にも蚊に手足をボコボコに刺されてしまいました。痒いのを我慢して辺りを少し歩くと、今度はペシャンコになって干からびたトカゲが道路脇の土の上に落ちていました。地面は適度に湿っていたのでここも調べてみると、いたいた、今度は生きたコブマルエンマ×2頭。これもちゃっかり採集しておきました。

 う~ん。20~30年前の記録ではこの山の麓でもミツノエンマコガネが採れていますし、一度この山も本格的にフン虫調査をしなければいけないな~と、改めて思った次第です。
e0115819_11145561.jpg

[PR]
by Izanagi_the_4th | 2007-08-02 11:18 | コガネムシ

セマルケシ追加

 以前の記事でセマルケシらしきフン虫の死骸を一部紛失して落胆した記事を書きましたが、7月19日にまた同じ敷地内の別の外灯下で、追加の個体を得る事が出来ました(^^)
e0115819_12281815.jpg

 その後も仕事の休憩中にちょくちょく周囲の外灯下などを見回っているのですが、連日追加個体が得られています(ほとんどはクモの巣に引っ掛かって死んでいる個体ですが)。案外個体数は多いのかもしれません。

 今後も色々とこの虫の生息状況について調べて行きたいと思います。
e0115819_12301747.jpg

[PR]
by Izanagi_the_4th | 2007-07-26 12:26 | コガネムシ

ツノコガネのボコボコ

 先日採集したツノコガネですが、♀2頭は背中に水泡のようなボコボコがありました。
e0115819_1222992.jpg

 名古屋の虫仲間のナナナさんによれば、この膨れは乾燥するとほぼ直るとか。「標本にした時に、薄いやや黒いシミとして残る個体もあります」とのこと。以前購入したツノコガネの標本を見てみると、確かに円状のシミが残っている個体が幾つかありました。こーなるのか…。

 そもそも、何故このような膨れが出来てしまうんでしょうね。そして硬い上翅がこんなに膨らんでいるのに、それが何故乾燥すると消えてしまうのか。

 虫って不思議ですねぇ…。
[PR]
by Izanagi_the_4th | 2007-07-18 12:18 | コガネムシ

ツノコガネと初対面

 ツノコガネ。

 日本産フン虫の中で、個人的には最も異国情緒のある種だと思っています。

 標本は見たことがありますが、フィールドの中で生きたツノコガネに会うのはこの日が初めてでした。 塚本先生が「クソ虫万歳!」と叫びたくなる気持ちが解った、感動的な対面でした。

e0115819_22264326.jpg

[PR]
by Izanagi_the_4th | 2007-07-04 00:05 | コガネムシ

丸艶天国

 再びマルツヤマグソコガネの山へ採集に行ってきました。

 とは言っても狙いはマルツヤではなく、前回採り逃したマルエンマコガネ(らしき種)。本州では激減していると言われる種です。過去にこの山で記録があるのかどうか分かりませんが、シカの増加に伴い増えていると言われるマルツヤより、ここではある意味価値のある種と言えるかもしれません。

 しかし、結果は惨敗。マルエンマどころか、クロマルですら1頭しか採れず、あとはひたすらマルツヤ、マルツヤ、マルツヤ……。前回のポイントは、すっかりマルツヤの餌場となっておりました。

 この日はデジカメを忘れたのが痛いですが、詳しくはまた採集記に書きます~。
[PR]
by Izanagi_the_4th | 2007-06-20 00:02 | コガネムシ

採集記アップしました

 本館からお入りください。

 あー、この日の採集は楽しかったなぁ~…。

 またじっくり時間を掛けてこの山で採集に没頭したいです…(笑)。
e0115819_11125379.jpg

[PR]
by Izanagi_the_4th | 2007-06-08 11:12 | コガネムシ

さて。

 連休に突入したわけですが、細君に、連休中、何日かは採集に行っても良いとのお許しを頂いたので、とりあえずまだ早いかもしれませんが地元でミツノエンマ用のトラップを仕掛けてみようと思います。あとは豊川のオオセンチポイントでの他の種の調査もしたいなぁ~。

 精密ピンセット、採集道具、標本用品など、色々な物品に小遣いを使いすぎて懐は寒いですが、心は熱く燃えています(笑)。頑張ります。
[PR]
by Izanagi_the_4th | 2007-04-27 22:58 | コガネムシ

明日は晴れるかな…

 本館の採集記にも書きましたが、4月17日、いつもの定点ポイントでようやくミゾムネ以外のマグソが採れました(チャグロっぽいですが、まだ未同定…これが一番の難問)。
e0115819_1221324.jpg

 その帰途に採集したフトカドエンマも実は採集するのは初めてで、オオセンチには出会えなかったもののこの日は自分的には満足の行く結果でした。

 今日か明日、採り過ぎたミゾムネをリリースしがてら、また同地に調査・採集に行く予定だったのですが、今日は昨晩の仕事の疲れと連日の寝不足でグロッキーだったので、仕事が終わったあと家に直行してしまいました。明日の夜勤明けに全てを賭けますが、天気予報は芳しくなく、ちょっと不安です。

 名古屋の虫仲間の方からは、そろそろミツノエンマを狙ってトラップを仕掛けるとの連絡を頂きました。自分も地元産のミツノエンマを採りたい!ですが、まずはやはり地元産オオセンチとの対面を早く果たしたいところです。
e0115819_12292116.jpg

[PR]
by Izanagi_the_4th | 2007-04-20 12:31 | コガネムシ

採集記更新しました

 昨日のオオセンチ採集の模様をアップしました。本館よりお入りください。

 今日は昨日と比べて暖かいですね。ああ、今頃オオセンチが活動しているかもしれない…と思うといてもたってもいられなくなりますが、昨晩は仕事が忙しくてかなり疲れたため、今朝は家に直行でした。もう寝ます。

 明日か明後日、天候が良さそうであればまた豊川のオオセンチポイントに行ってみるつもりです。
[PR]
by Izanagi_the_4th | 2007-04-04 10:41 | コガネムシ